『実るほど頭を垂れる稲穂かな。』など口ずさみながら、市内に残された実籾の水田にて。田植え機、かなりの重さです。